スカルマン

「スカルマン」の見どころと主要キャスト

フジテレビで放映されていたテレビドラマ「スカルマン」は、石ノ森章太郎原作、島本和彦が続編の制作を担当した作品です。2007年にアニメ版の前夜祭イベントとして放映されたのが、実写版テレビドラマ「スカルマンー闇の序章―」で、あくまでアニメのプロモーション作品として制作されたはずでしたが、その際に作られたスーツがあまりにも好評だったために本格的なテレビドラマの制作が行われたということです。

 

スーツアクターには、スーツを着たままでもアクションが出来るという理由から、伊藤慎が起用されました。彼は、モデル体型に合わせて作られたこのスーツでも問題なく着こなし、かつそのままアクションを行うことも出来たため、このような経緯になったと言われています。また、主演キャストとして細川茂樹も参加しています。彼は、同じ石ノ森章太郎作品である仮面ライダー響鬼で主役を演じているというつながりを持ち、本作でもその見事なまでの存在感と演技力を発揮してくれています。また、ヒロイン役の高明寺倫子にはアーティストの鈴木亜美が抜擢されています。

 

このドラマの見どころは、何と言ってもCGを使い舞台にアニメのような演出と、そのうえで俳優陣の本格的なアクション演技が繰り広げられることとなります。俳優陣も全てその情景を頭に浮かべながらの演技だったため、非常に難儀したと後に語られていますが、その演技の凄さは見るものに興奮を覚えさせるものとなっています。ストーリーもヒロインの高明寺倫子の悲しい運命をたどるものとなっており、どこか哀愁と悲壮感を感じさせる大人のための特撮作品といえるものに仕上がっています。スカルマンの謎は、最後までやはり語られることは無く、見終わった後に「続きが見たい!」と思わせるような力強いドラマ作品といえるでしょう。